【TradingView】MACDを表示する方法

TradingViewのチャートにMACDを表示させる手順です。

MACDを表示する手順(PC)

対応端末:

インジケーターのメニューを開く

  1. 上部メニューの「インジケーター」をクリック。
  2. 「macd」と入力する。
  3. 「Moving Average Convergence Divergence」をクリック。
  4. 「×」マークで閉じる。

 
「Moving Average Convergence Divergence」を略して「MACD」です。

出来高を表示する手順(スマホ)

対応端末:

出来高を表示する手順(スマホ)

  1. 下部メニューの「 + 」をタップ。
  2. 「インジケーター」をタップ。
  3. 検索ボックスに「macd」と入力。
  4. すると下に「Moving Average Convergence Divergence」をタップ。
  5. 右上の「×」をタップして閉じる。

 
「Moving Average Convergence Divergence」を略して「MACD」です。

MACDの設定をする

対応端末: /

MACDの設定画面を開く

MACDをダブルクリック(ダブルタップ)で設定画面が開きます。

もしくは、MACDの左上の「MACD」の上にマウスカーソルを置くと表示される「 」をクリック。スマホの場合は「MACD」を1回タップして「 」をタップ。

パラメーター(Inputs)

パラメーター(Inputs)

Timeframe

表示しているチャートとは違う時間軸のMACDを表示させる機能です。

「マルチタイムフレーム分析」と聞いて「ん?」思ったら、初期設定のまま使ってください。

タイムフレームとGpasの設定に関しては長くなるので別記事をご覧ください。

関連記事

インジケーターによっては「Timeframe」と「Gaps」の設定があります。 これは、どんな機能なのか。 これは異なる時間軸のインジケーターを表示することができる機能です。 どういうことかと言い[…]

【TradingView】パラメーターのTimeframeとGapsとは?

パラメーターの設定

よく使われている一般的な設定は下記のとおりです。

ファスト期間(短期)スロー期間(長期)Signal
12269

ファスト期間(Fast Length)

短期期間の移動平均線の設定をします。

スロー期間(Slow Length)

長期期間の移動平均線の設定をします。

ソース(Source)

何の値で計算しますか?というのを設定しますが、特にこだわりがなければ「終値」のままで良いと思います。

Signal Smoothing

シグナル期間を設定します。

Oscillator MA Type

ファスト期間とスロー期間に使う移動平均線の種類を指定します。

EMA = 指数平滑移動平均線

SMA = 単純移動平均線

一般的にMACDではEMAが使われます。

Signal MA Type

シグナル期間の移動平均線の種類を指定します。

こちらもEMAが一般的です。

COLOR SETTINGS / ヒストグラム

色の設定

MACDの色の設定です。

これだとわかりにくいので、実際のMACDで解説します。

MACDのカラー設定

スタイル(Style)

スタイル(Style)

ここの色の設定はパラメーターのと同じですが、多少設定できる項目が多くなっています。

「色0」の右端にある棒グラフアイコンから、ヒストグラムの表示方法を選べます。

「MACD」「シグナル」の右端からラインの種類を選べます。

またそれぞれ、線の太さなども設定できるようになってます。

精度(Precision)

MACDの値の小数点以下の表示桁数を設定します。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「精度(Precision)」という項目があります。 これは何の設定なのかを解説していきます。 「精度(Precision)」はどこにある? […]

価格スケールのラベル(Labels on price scale)

」を外すとスケールにMACDの数値を表示しているラベルが非表示になります。

チャート設定」 → 「スケール」 → 「インジケーターと財務指標値のラベル」に「 」が入っていないと「価格スケールのラベル」の「 」を入れても表示されません。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「価格スケールのラベル(Labels on price scale)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

ステータスラインの値(Values in status line)

」を外すと左上のステータスラインにMACDの数値が表示されなくなります。

MACDの値を表示するかしないか

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「ステータスラインの値(Values in status line)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

可視性(Visibility)

可視性(Visibility)

MACDをどの時間足で表示させるかを設定します。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!