【TradingView】出来高を1の位まで表示する方法

こちらの記事でも書きましたが、TradingViewの出来高は初期設定では「587.8K」などと略されてます。

略されて表示されている出来高

関連記事

TradingViewの出来高を見ると「590.8M」とか「2.839B」とか表示されています。 「K」「M」「B」という記号がなにを表しているのか、知らないとわからないですよね。 アルファベットは数値を表す単位です。 […]

【TradingView】出来高の単位「K」「M」「B」の読み方

この表示に慣れない方や、細かい出来高の数字が見たいときもありますよね。

今回は1の位まで出来高を表示する設定方法をご紹介します。

出来高の数値の表示を変更する方法

対応端末: /

出来高の設定を開く

  1. 左上のステータスラインの出来高にマウスカーソルを置くと表示される「 」をクリック。スマホの場合は「出来高」を1回タップして「 」をタップ。

スタイルタブの精度を設定する

  1. スタイル(Style)を開く。
  2. 精度(Precision)を「0」にする。
  3. 「OK」をクリック。

1の位まで表示された出来高

こんな風に省略されずに表示されるようになります。

ウォッチリストの出来高は変更できない

この設定で変更できるのは左上のステータスラインの数値だけです。

右メニューの「ウォッチリストと詳細」に表示される出来高は省略されたものになります。

「ウォッチリストと詳細」表示される出来高は省略されたまま

「データウィンドウ」で見れる出来高は、シンボルデータのほうは表示は変更されず、インジケーターのデータは変更されます。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!