【TradingView】インジケーターの設定にある「精度(Precision)」とは?

TradingViewのインジケーターの設定画面に「精度(Precision)」という項目があります。

精度(Precision)

これは何の設定なのかを解説していきます。

「精度(Precision)」はどこにある?

インジケーターの設定を開き、「スタイル」タブの中にあります。

スタイルタブの中に精度の項目がある

関連記事

TradingViewのチャートに追加したインジケーター(テクニカル指標)のパラメーター設定画面を開く方法を紹介します。 移動平均線の期間を変更したり、色を変えたりすることができる場所です。 Tradi[…]

どんな設定?

これはインジケーターの値を表示するときに、小数点以下の桁数を指定する設定です。

具体的に移動平均線の例で解説します。

下の画像は日足のチャートに5日線を表示しています。

5日線がある価格を正確に知りたい場合、左上のステータスラインか、データウィンドウで確認すると思います。

このときに、小数点以下を何桁表示させたいかを、設定する項目です。

データウィンドウは右サイドメニューから開けます。

データウィンドウでMAの数値を確認する

精度を設定する

移動平均線の値が3988.95だった場合、このような表示になります。

精度(Precision)表示
03989
13988.9
23988.95
33988.950
43988.9500

 
端数は四捨五入されます。

出来高の精度を0にすると省略されず表示される

出来高はデフォルトでは「600M」などと略されて表示されています。

精度の設定を「0」にすることで、1の位まで表示されるようになります。

詳しくはこちら

こちらの記事でも書きましたが、TradingViewの出来高は初期設定では「587.8K」などと略されてます。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marketview.j[…]

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!