【TradingView】オブジェクトツリーの開き方

TradingViewのオブジェクトツリーは、描画ツールで描いたトレンドラインや、表示させているインジケーターなどを管理できる場所です。

オブジェクトツリーではチャートに表示している構成が見れます。

オブジェクトツリーではチャートに表示しているインジケーターや描画アイテムの構成が管理できる

描画アイテムを非表示にしたりフォルダにまとめてグループ分けしたり、表示順位(一番上、一番下など)を管理できます。

今回はそのオブジェクトツリーを開き方を解説します。

オブジェクトツリーを開く方法(PC)

対応端末:

オブジェクトツリーを開く方法(PC)

右のツールバーにあるオブジェクトツリーアイコンをクリック。

オブジェクトツリーアイコンがない場合は、右下にマウスカーソルを置き「 」。が現れたらクリックして下にスクロールするとオブジェクトツリーのアイコンが出てきます。

ウォッチリストに戻すには右メニューの一番のリストアイコンをクリックします。

ウォッチリストに戻る

オブジェクトツリーを開く方法(スマホ)

対応端末:

オブジェクトツリーを開く方法(スマホ)

  1. 左下の「 」をタップ。
  2. 「その他」メニューが出たら下から上にスワイプして上に引き上げる。
  3. 「オブジェクトツリー」をタップ。

ウォッチリストに戻すには右上の「 × 」アイコンをタップします。

×マークをタップするとチャートに戻る

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!