【TradingView】チャートと出来高を別ペインで表示する方法

TradingViewは初期設定のままだとチャートと出来高が一緒に表示されます。

そのため、たまにチャートと出来高が重なってしまい、見えづらくなることがあります。

にチャートと出来高が重なる

これを防ぐためにチャートと出来高を別枠(別のペイン)に表示させ、被らないようにする方法をご紹介します。

 
日本の証券会社だと出来高は別の枠に表示させていることが多いですね。

チャートと出来高を別の枠に表示する

上の画像のように出来高を一つ下の枠に表示する方法です。

関連記事

TradingViewのチャートに出来高を表示する手順です。 今回紹介する出来高は縦の棒グラフで表示されるものです。 横の棒グラフで表示される価格帯別出来高の使い方は別記事で紹介しています。 […]

【TradingView】出来高を表示する方法

左上のステータスラインから変更する

対応端末: /

ステータスラインからペインを移動する

  1. チャートの左上に表示されている「出来高(Vol)」にマウスカーソルを置く。スマホの場合は1回タップ。
  1. 」をクリック。

移動するペインを選ぶ

  1. 「移動する」をクリック。
  2. 移動するペインを選択する。

左上に出来高が表示されていない場合

対応端末: /

初期設定では左上のステータスラインに出来高が表示されています。

左上のステータスラインに出来高が表示されていない場合

表示されていない場合は、非表示の設定になっているので表示させます。

ローソク足をダブルクリック

  1. チャートをダブルクリック。

チャート設定のステータスラインで設定する

  1. チャート設定の「ステータスライン」を開く。

スマホの縦画面ではチャート設定の「シンボル」メニューが開きます。

「シンボル」の左の「 」アイコンをタップして「ステータスライン」を開きます。

関連記事

TradingViewのローソク足の色や、チャートの背景などを変更できる設定ができる「チャート設定(Chart settings)」画面。 チャートの見た目を変えたいときはチャート設定の中にほとんどの設定項目があります。 その[…]

【TradingView】チャート設定画面を開く方法

  1. 「インジケーターのタイトル」の横に を入れ「OK」をクリックで表示されます。

オブジェクトツリーから変更する

対応端末: /

オブジェクトツリーを開く

  1. 右のツールバー(スマホは左)にあるオブジェクトツリーアイコンをクリック(タップ)。

関連記事

TradingViewのオブジェクトツリーは、描画ツールで描いたトレンドラインや、表示させているインジケーターなどを管理できる場所です。 オブジェクトツリーではチャートに表示している構成が見れます。 描[…]

【TradingView】オブジェクトツリーの開き方

  1. 「Volume(出来高)」を右クリック(タップ)。
  2. 「移動する」にマウスカーソルを置く(スマホはタップ)。
  3. 移動するペインを選択する。

「上の新規ペインへ」「下の新規ペインへ」

「上の新規ペインへ」を選ぶと新しく出来高を表示する枠が上にできます。

上の新規ペインへ移動する

「下の新規ペインへ」を選択すると下に新しく出来高を表示する枠ができます。

下の新規ペインへ移動する

「上の既存ペインへ」「下の既存ペインへ」

既に上か下にインジケーターを表示させている場合は、そこに重ねることができます。

「上の既存ペインへ」「下の既存ペインへ」移動してインジケーターに重ねる

上の画像はMACDに出来高を重ねました。

 
ちょっとこれは実用的ではありませんが、インジケーターの組み合わせによってはアリだと思います!

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!