【TradingView】チャートの背景色や外観を変更する方法

チャートの背景色や外観を変更する方法です。

どこの設定をいじるとどうなるのかまでご紹介します。

 
ローソク足の色を変える方法はこちらの記事で紹介しています。

関連記事

TradingViewの初期設定では陽線が緑、陰線が赤です。 日本では赤が陽線のイメージが強い人が多いのではないでしょうか。 ちょっと見づらいなってときは、ローソク足の色を自由に変更できます。 設定画面を[…]

TradingViewでローソク足の色を変更する方法

設定画面を開く

対応端末: /

チャート設定を開く

  1. 右上にある「 」をクリック(タップ)で「チャート設定(Chart settings)」を開きます。

」アイコンがない場合は、PCなら右端にマウスカーソルを置くと「 」をクリックすると現れます。

スマホの場合は上のメニュー部分を右から左にスワイプします。

関連記事

TradingViewのローソク足の色や、チャートの背景などを変更できる設定ができる「チャート設定(Chart settings)」画面。 チャートの見た目を変えたいときはチャート設定の中にほとんどの設定項目があります。 その[…]

【TradingView】チャート設定画面を開く方法

チャート設定の外観を開く

  1. 「外観(Appearance)」をクリック。

ここで設定をしていきます。

設定項目

設定項目一覧

背景

ソリッド

ソリッドとは「無地」って意味です。

TradingViewでは、単色と考えてください。

グラデーション

グラデーションにすると2色選べるようになり、上下にグラデーションがかかります。

背景をグラデーションにする

垂直グリッドライン

チャートの縦線を指定します。

水平グリッドライン

チャートの横線を指定します。

セッション区切り

日足のローソク足の終値で垂直の線を引きます。

日足の終りと始まりの間に引く線なので日足・週足・月足では表示されません。

時間足・分足以下で表示されます。

セッション区切り

スケールのテキスト

価格スケールの数字の大きさと色を指定します。

スケールのライン

価格スケールとチャートの境目のラインを指定します。

十字カーソル

十字カーソルの指定をします。

透かし

チャートの背景にシンボル名を表示するか指定します。

表示する場合は色を設定できます。

ナビゲーションボタン

ナビゲーションボタンは以下の機能が表示されます。

スマホでは表示されません。

マウス移動時に表示

マウスを中央の下付近に動かすとナビゲーションボタンが表示されます。

常に表示

常に表示されます。

常に非表示

表示されません。

ペインボタン

ペインボタンはチャートとは別の枠に表示しているインジケーターなどを操作するボタンです。

  • 拡大・復元
  • 上下に移動
  • 削除

スマホでは表示されません。

マウス移動時に表示

マウスカーソルを置いているペインのボタンが表示されます。

常に表示

常に表示されます。

常に非表示

表示されません。

上マージン・下マージン・右マージン

マージンとは「余白」のことです。

チャートの表示を端からどのくらい空けるか設定します。

マージンを設定してチャートを見やすくする

複数チャートを表示させると、1つの表示領域が小さくなるので左上のステータスラインとチャートが重なります。

そんなときに上のマージンを少し多めに設定すると重ならず表示できます。

右のマージンは少しゆとりがあると、一目均衡表など現在よりも先に描画されるインジケーターが見やすくなります。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!