【TradingView】RCI 3本とMTF RCI 3本のインジケーター

TradingView公式のRCIインジケーターが見当たらないので自作してみました。

普通のRCIを3本と、別の時間軸のRCIを3本表示できます。

 
もちろん無料です!

RCIを3本表示可能

  • 短期・中期・長期の最大3本のRCIを設定可能
  • 期間は自由に設定できます
  • 非表示にできるので、いらなければ1本や2本表示にも

通常のRCI 3本

表示しているチャートと同じ時間軸のRCIが表示されます。

 
つまり普通のRCIです。

RCIの設定

RCIの設定を開き「パラメータ」でRCIの設定をします。

RCIの設定画面

ソース

計算式に使う価格を設定します。

デフォルトの「終値」を使うのが一般的です。

短期・中期・長期

3つの期間を設定します。

非表示にするには、「スタイル」の を外すと表示されなくなります。

線の太さや、色を変更する場合はその横をクリック。

ライン(上・下)・背景

設定した数値に水平線を引きます。

初期設定では80%と-80%にラインが引かれています。

色の設定や表示・非表示は「スタイル」で設定します。

背景の色も変更できます。

設定項目と、反映される場所

別の時間軸のRCIを3本表示できる (MTF)

  • 15分足のチャートに1時間足のRCIを表示、などチャートと違う時間軸のRCIを表示します
  • MTF RCIも3本表示可能
  • もちろん非表示にも

マルチタイムフレームRCI

上の画像は15分足チャートなので、15分足の短期・中期・長期RCIが表示されます。

さらに上位足である1時間足の短期RCIと中期RCI、4時間足の短期RCIを表示しています。

 
全部表示すると見づらいですよね、、色や線の太さを変更したりしてみてください。

RCIの設定の「スタイル」で色や線の太さを変更できます。

MTF RCIのカラー設定

RCIがカクカクになる

上位足のRCIはカクカクになります。

15分足チャートに1時間足のRCIを表示させた場合、ローソク足4本分は同じ値になるからです。

「パラメーター」の「Gaps」にチェックを入れると滑らかになりますが、実際の正確な数値にはなりません。

お好きな方をお選びください。

Gapsにチェックを入れると滑らかな線になる

MTF RCIの設定

RCIの設定を開き「パラメータ」でMTF RCIの設定をします。

MTF RCIの設定

表示・非表示

を外すとチャートに表示されなくなります。

表示するRCIの時間軸

表示させたい時間軸、例えば1時間足、4時間足、日足、週足などを設定。

RCIの期間

計算する期間を設定します。

RCIをチャートに追加する方法

対応端末: /

  1. TradingViewにログインした状態で下記のURLにアクセスする。

https://jp.tradingview.com/script/zcOwPnrt/

TradingView

## RCIを3本表示可能 - 短期・中期・長期のRCIを設定可能 - 期間は自由に設定できます ## 別の時間軸…

  1. 「お気に入りインジケーターに追加」をクリック。

お気に入りインジケーターに追加

PCの場合は、上部の「インジケーター」 → 「お気に入り」から先ほど追加した「RCI×3/MTF RCI×3 [TN]」を選びチャートに追加する。

お気に入りからRCIを選択

スマホの場合は、「 + 」 → 「インジケーター」 → 「お気に入り」から先ほど追加した「RCI×3/MTF RCI×3 [TN]」を選びチャートに追加する。

インジケーターのお気に入りから選ぶ(スマホ)

設定画面を開く

対応端末: /

RCIの設定画面の開き方

左上のステータスラインから「RCI×3/MTF RCI×3 [TN]」の上にマウスカーソルを置くと表示される「 」をクリック。スマホの場合は「RCI×3/MTF RCI×3 [TN]」を1回タップして「 」をタップ。

もしくはチャート上に表示されている「RCI」をダブルクリック(ダブルタップ)。

その他の設定

精度(Precision)

RCIの数値を表示するときに小数点以下の桁数を指定します。

デフォルト(Default)では小数点以下2桁まで表示します。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「精度(Precision)」という項目があります。 これは何の設定なのかを解説していきます。 「精度(Precision)」はどこにある? […]

価格スケールのラベル(Labels on price scale)

」を外すとスケールにRCIの数値を表示しているラベルが非表示になります。

チャート設定」 → 「スケール」 → 「インジケーターと財務指標値のラベル」に「 」が入っていないと「価格スケールのラベル」の「 」を入れても表示されません。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「価格スケールのラベル(Labels on price scale)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

ステータスラインの値(Values in status line)

左上のステータスラインにRCIの値を表示します。

」を外すと表示されなくなります。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「ステータスラインの値(Values in status line)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

可視性(Visibility)

どの時間足で表示させるかを設定します。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!