【TradingView】高値と安値に価格を表示するインジケーター

TradingViewのチャートに指定した期間の高値と安値の価格を表示するインジケーターをご紹介します。

チャート上に高値と安値の価格を表示

 
単に高値と安値の価格を表示するだけの機能ですが、直近の高値と安値が視覚的に把握しやすくなります。

Pivots HLをチャートに追加する

TradingViewの公式インジケーター「Pivots HL (ピボットポイント・ハイ・ロー)」をチャートに追加します。

Pivots HLインジケータをチャートに追加

  1. 「インジケーター」をクリック(タップ)。
  2. 検索ボックスに「ピボット」と入力。
  3. すると下に検索結果が表示されるので「Pivots HL (ピボットポイント・ハイ・ロー)」クリック。
  4. 右上の「×」をクリックして閉じるとチャートにインジケーターが表示されています。

関連記事

TradingViewにインジケーター(テクニカル指標)を表示させる方法です。 PCとスマホで若干手順が違うので、それぞれ解説します。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marke[…]

Pivots HLの設定画面

対応端末: /

Pivots HLの設定画面を開く方法

左上のステータスラインから「Pivots HL」の上にマウスカーソルを置くと表示される「 」をクリック。スマホの場合は「Pivots HL」を1回タップして「 」をタップ。

もしくはチャート上に表示されている「Pivots HL」をダブルクリック(ダブルタップ)。

パラメーター(Inputs)の設定

パラメーター(Inputs)の設定

Pivots High/Pivots Low

期間の指定をします。

右端のカラー設定で吹き出しの色を変更できます。

不透明度を「0」にすると、吹き出しがなくなり数字だけ表示できます。

不透明度をゼロにすると吹き出しが消える

スタイル(Style)の設定

スタイル(Style)の設定

ラベル

ラベルの「 」を外すと、高値と安値の価格表示がオフになります。

可視性(Visibility)

可視性(Visibility)

どの時間足で表示させるかを設定します。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!