【TradingView】左上の邪魔なステータスラインを消す方法

TradingViewのチャートにインジケーターを追加していくと、左上にその数値が表示されます。

インジケーターの他にも、シンボル名(銘柄名)、四本値、買い・売りのボタンなどの表示も。

ただ、チャートに被って見えなくなることもあり、邪魔に感じることもあります。

ステータスが邪魔でチャートが見えない

ですので、表示させたいものだけを残し、左上をスッキリできる設定方法をご紹介します。

ステータスラインがスッキリ!

 
全部消すこともできますよ!

ステータスラインの設定方法

対応端末: /

ステータスラインに表示させている項目を表示・非表示にする設定方法です。

ステータスラインの設定メニューを出す

  1. ステータスラインの左側を右クリック(スマホは長押し)。

  1. 」を外すと非表示になります。

ステータスラインに表示されている項目

どの項目を消すと何が消えるのか、わかりづらい部分もありますので1つずつ解説します。

ステータスラインに表示されている項目

シンボル

「シンボル」とは銘柄名のことです。

初期設定では「シンボル」「足種(分足・日足など)」「市場」が並んでいます。

市場の開始状況を表示

シンボルに並んでいるマークは、市場が開いているかを表しています。

「市場開始」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外すと表示が消えます。

ただ「市場終了」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外しても消えないんですよね。

「市場終了」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外さなくても、「シンボル」「OHLC値」「バーの変動値」の3つの「 」マークを外すと非表示になります。

OHLC値

始値・高値・安値・終値。

バーの変動値

前のローソク足からの変動値と変動率。

 
日足でいうと前日比と騰落率%というやつです。

売買ボタン

ブローカーに接続すると、このボタンから注文が出せます。

TradingViewから取引しないなら必要ないです。

インジケーターのタイトル

チャートに追加したインジケーターの名前。

インジケーターの引数

インジケーターの設定が表示されます。

例えば単純移動平均線を5本に設定したら、「5」が引数として表示されます。

インジケーターの値

そのインジケーターの値を表示します。

例えば5日移動平均線を表示させていたとします。

チャートにカーソルを合わせたローソク足の5日移動平均線のある価格を表示してくれます。

「ステータスラインの設定」でもっと詳細な設定をする

チャート設定(Chart setteings)」の「ステータスライン」からもっと詳細な設定ができます。

詳しくは下記の記事で。

関連記事

TradingViewのチャートの左上にはインジケーターの値などが表示されています。 全部表示させているとなかなかのボリュームで、チャートが見にくくなります。 そうならないよう、設定で表示・非表示を変更[…]

インジケーターを折りたたむ

インジケーターは折りたたむことで1つにまとめられます。

移動平均線を非表示にして一目均衡表を表示させたいなど、インジケーターを切り替えて使っている場合はこの方法が便利です。

インジケーターを折りたたむ

インジケーターの下にある「」アイコンをクリック(タップ)します。

するとインジケーターが折りたたまれ、表示させているインジケーターの数が表示されます。

展開したいときは「 」をクリックします。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!