TradingViewに移動平均線を複数表示させる方法

TradingView公式が公開しているインジケーターだと、チャート上に移動平均線が1本しか表示できません。

TradingView公式の移動平均線

3本の移動平均線を表示させたいとなると、インジケーターを3つ使うことになります。

TradingViewはプランごとに表示できるインジケーターの数が決まっているので、なるべく1つのインジケーターで複数の表示ができるほうが好ましいです。

と、いうことで、1つのインジケーターで5本の移動平均線を表示させる方法をご紹介します。

 
時間軸ごとに自動で期間が変わる移動平均線のインジケーターを公開しました。
こちらもよろしければご覧ください。

関連記事

日本株を取引している人だとTradingViewが不便だと感じることの一つだと思うのが、移動平均線です。 日本の証券会社のチャートアプリだと、日足だと5・25・75日線、週足に切り替えると13・26・52週線、月足に切り替えると6・[…]

5本の移動平均線が表示できるインジケーター

TradingViewユーザーさんが公開してくれているインジケーターに5本の移動平均線を表示できるものがあります。

5本表示してもインジケーターは1つとしてカウントされるので、無料プランの方にはオススメです。

インジケーターを検索
  1. 「インジケーター」をクリック(タップ)
  2. 「5 lines_Moving Average EMA/SMA 5本の移動平均線」で検索して選択。
関連記事

TradingViewにインジケーター(テクニカル指標)を表示させる方法です。 PCとスマホで若干手順が違うので、それぞれ解説します。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marke[…]

「5 lines_Moving Average EMA/SMA 5本の移動平均線」 の使い方

移動平均線のインジケーターがチャートに表示されたら、設定をしましょう。

  1. 左上の「5本の移動平均線」の上にマウスカーソルを置くと表示される「 」をクリック。スマホの場合は「5本の移動平均線」を1回タップして「 」をタップ。

パラメーター(Inputs)

初期設定だと移動平均線の種類が「EMA」、本数が「7、28、84、200、500」となっています。

移動平均線

このインジケーターは表示させる移動平均線を2種類から選ぶことができます。

  • EMA(指数平滑移動平均線)
  • SMA(単純移動平均線)

日本で「移動平均線」というと「単純移動平均線」のことを指すことが多です。

どちらに設定していいかわからない場合は「SMA(単純移動平均線)」を選びましょう。

Shorter、ショート、Medium、ロング、Longer

「Shorter、ショート、Medium、ロング、Longer」には表示させたい移動平均線の本数を入力します。

スタイル(Style)

スタイル設定画面では、移動平均線のカラーや太さを変更できます。

スタイル設定画面

上から 「Shorter、ショート、Medium、ロング、Longer」の順に並んでいます。

チェックボックス

チェックボックスの 「 」を外すと、その移動平均線は非表示になります。

5本も必要ない場合は、チェックボックスを外しましょう。

色・線の太さ

移動平均線の色と太さ、透明度を設定します。

線のタイプ

移動平均線は通常ラインで表示しますが、ドットやクロスで見た目を変えることもできます。

「価格ライン」をオンにするとチャート上の移動平均線の価格に水平線が引かれます。

価格ラインをオンにすると移動平均線の価格に水平線が引かれる

精度(Precision)

小数点以下の表示桁数を設定します。

左上のステータス部分に移動平均線の価格が表示される際に、この設定が反映されます。

左上のステータス

または、右メニューのデータウィンドウ(Data Window)でも移動平均線の価格が表示されます。

データウィンドウに移動平均線の価格が表示される

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「精度(Precision)」という項目があります。 これは何の設定なのかを解説していきます。 「精度(Precision)」はどこにある? […]

価格スケールのラベル(Labels on price scale)

」を外すとスケールにボリンジャーバンドの数値を表示しているラベルが非表示になります。

チャート設定」 → 「スケール」 → 「インジケーターと財務指標値のラベル」に「 」が入っていないと「価格スケールのラベル」の「 」を入れても表示されません。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「価格スケールのラベル(Labels on price scale)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

ステータスラインの値(Values in status line)

左上のステータスラインに移動平均線の値を表示します。

関連記事

TradingViewのインジケーターの設定画面に「ステータスラインの値(Values in status line)」という項目があります。 この項目はどんな設定なのかを解説していきます。 「[…]

可視性(Visibility)

移動平均線をどの時間足で表示させるかを設定します。

可視性の設定

日足だけに移動平均線を表示させたい場合は「日」以外のチェックボックスの を外すと、移動平均線は日足にだけ表示されます。

「レンジ」とはローソク足ではなくレンジバーチャートで表示したときに表示するかどうかの設定です。

設定が終わったら「OK」をクリックします。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!