【TradingView】ステータスラインの設定

TradingViewのチャートの左上にはインジケーターの値などが表示されています。

全部表示させているとなかなかのボリュームで、チャートが見にくくなります。

左上のステータスライン

そうならないよう、設定で表示・非表示を変更する方法をご紹介します。

ステータスラインの設定画面を開く方法

対応端末: /

  1. ローソク足をダブルクリック(ダブルタップ)で「チャート設定(Chart setteings)」画面を開きます

関連記事

TradingViewのローソク足の色や、チャートの背景などを変更できる設定ができる「チャート設定(Chart settings)」画面。 チャートの見た目を変えたいときはチャート設定の中にほとんどの設定項目があります。 その[…]

【TradingView】チャート設定画面を開く方法

チャート設定のステータスライン

  1. ステータスライン(Status line)をクリック。
  2. 設定が終わったら「OK」をクリック。

ステータスラインの各項目

シンボル(Symbol)

初期設定ではシンボル(銘柄名)のみ表示ですが、ティッカー(銘柄コード)も表示できます。

項目内容表示
詳細(Description)シンボル(銘柄名)S&P500指数
トヨタ自動車
ティッカー(Ticker)ティッカーコード(銘柄コード)SPX
7203
ティッカーと詳細(Ticker and description)シンボル+ティッカーSPX S&P500指数
7203 トヨタ自動車

市場の開始状況を表示(Open market status)

シンボルに並んでいるマークは、市場が開いているかを表しています。

市場の開始状況を表示

「市場開始」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外すと表示が消えます。

ただ「市場終了」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外しても消えないんですよね。

「市場終了」のときは「市場の開始状況を表示」の「 」マークを外さなくても、「シンボル」「OHLC値」「バーの変動値」の3つの「 」マークを外すと非表示になります。

OHLC値(OHLC values)

始値・高値・安値・終値。

バーの変動値(Bar change values)

前のローソク足からの変動値と変動率。

 
日足でいうと前日比と騰落率%というやつです。

出来高(Volume)

出来高。

インジケーターのタイトル(Indicator titles)

チャートに追加したインジケーターの名前。

インジケーターの引数(Indicator arguments)

インジケーターの設定が表示されます。

例えば単純移動平均線を5本に設定したら、「5」が引数として表示されます。

インジケーターの値(Indicator valuse)

そのインジケーターの値を表示します。

例えば5日移動平均線を表示させていたとします。

チャートにカーソルを合わせたローソク足の5日移動平均線のある価格を表示してくれます。

背景(Background)

ステータスラインの表示が見やすくなるよう背景が設定されています。

背景色はチャートの背景と同じ色です。

ここの設定では、ステータスラインの背景色の不透明度を調整できます。

ステータスラインの背景の透明度

右に動かすと不透明度100%になり、背景色で後ろのチャートが見えなくなります。

左に動かすと背景色が透けてチャートが見えるようになります。

高機能チャートツール「TradingView」を使ってみよう!