メインビジュアル

当サイトは多機能チャートツール「TradingView」の導入から使い方まで、わかりやすく解説するサイトです。

 
無料でも十分使えますので、ぜひ導入しましょう!

こんな感じ ↓ で色々できちゃうチャートアプリです。

順番に記事を読み進めてもらうと、TradingViewの基本的な使い方がわかるようになっています。

TradingViewとは?

そもそも「TradingViewって?」という人は下記の記事をご覧ください。

関連記事

ひとことで言うと「多機能なチャートツール」です。 TradingView [blogcard url=https://jp.tradingview.com/gopro/?share_your_love=gu_t[…]

TradingViewとは?

TradingViewの始め方

これから初めてTradingViewを使う方向けに順番に解説していきます。

無料会員登録をしよう!

まずは無料の会員登録をしましょう。

関連記事

多機能チャートツール「TradingView」には3つの有料プランがありますが、無料で使える「Basic」プランも用意されています。 もし、有料プランを検討しているのであれば、30日間の無料でお試しできるサービスがあるので、そちらを[…]

 
もう会員登録してるよ!って人は読み飛ばしてくださいね。

ログインしてチャートを表示する

TradingViewにログインして、チャートを表示してみましょう!

関連記事

TradingViewのアカウントを作ったら、ログインしてチャートを表示しましょう。 まだアカウントの作成をしていない人はこちらの記事を参考に無料会員登録をしてください。 [sitecard subtitle=[…]

まずやるべき設定

TradingViewを使い始める前にやっておいたほうがいい設定をご紹介します。

日本語化する

初期設定ではメニューなどが英語で表示されてる場合があります。

英語だと取っつきにくいと感じる人は、まず日本語表示に変更しましょう。

関連記事

TradingViewは初めてログインした状態だと英語表記になっていると思います。 ですが、簡単に言語を日本語に変更することができます。 ホーム画面から言語を切り替える方法 パソコンのブラウザでTradingViewにロ[…]

TradingViewの言語を日本語化する方法

ティッカー(銘柄コード)ではなく銘柄名で表示する

ウォッチリストでは、アメリカ株のAppleはティッカーが「AAPL」で、TradingViewのPC版では「AAPL」が表示されます。

日本株だとトヨタが銘柄コードの「7203」で表示されます。

これだと見づらいと感じる場合は、銘柄名「Apple」「トヨタ自動車」の表示に変更できます。

関連記事

TradingViewでリストに日本株を登録すると、初期設定だと銘柄コードが表示されます。 スマホアプリでは銘柄コードと銘柄名が表示されて見やすいのですが、ブラウザやPC版アプリだと4桁の銘柄コードだけで、ちょっと見づらいですよね。[…]

チャートのデザインを変更する

チャート上のほとんどが自由にカスタマイズ可能です。

自分の見やすいようにカスタマイズしましょう!

 
こちらは後回しでも大丈夫ですが、使い始めてから見づらいな~と思ったときに、カスタマイズできるってことは覚えておいてくださいね。
関連記事

TradingViewのチャートは、ほぼ全てを自由にカスタマイズできます。 自分の見やすいようにカスタマイズしちゃいましょう! ローソク足の色を変更する TradingViewのチャートは初期設定のままだと、ロー[…]

TradingViewの使い方

それでは、いよいよTradingViewのチャートの使っていきましょう。

見たいチャートに切り替えて表示させる

「ドル円見てたけど、S&P500のチャートが見たい!どこで切り替えるの?」って場合はこちら。

関連記事

表示させたいチャートに切り替える方法をご紹介します。 いつもチェックするチャートは、ウォッチリスト(お気に入り)に登録がオススメです! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marke[…]

【TradingView】見たいチャートに切り替える方法

テクニカル指標を表示させる

TradingViewでは移動平均線やRSIなどのテクニカル指標を「インジケーター」と呼んでいます。

チャート上にインジケーターを追加して環境を整えましょう。

関連記事

移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をTradingViewでは「インジケーター」と呼ばれています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marketview.jp/tradingview-w[…]

ウォッチリストの使い方

ウォッチリストとはつまり監視リストのことです。

これを使いこなせれば株価チェックが楽になります。

 
ウォッチリストは会員登録(無料でOK)が必要です。

描画したラインやレイアウトを保存する

自分で描画したトレンドライン、水平線やコメントなどが、PCでもスマホでも同じものが見れるのがTradingViewの魅力の一つです。

その描画アイテムを保存する方法を確認しておきましょう。

関連記事

TradingViewではチャート上にトレンドラインを引いたり、文字を入力してコメントを残すことができます。 そういったものを残しておくための「レイアウトの保存」方法をご紹介します。   スマホ版でのやり方[…]

出来高の単位

TradingViewの出来高は「K」などと略されています。

読み方がわからない場合はこちらを。

関連記事

TradingViewの出来高を見ると「590.8M」とか「2.839B」とか表示されています。 「K」「M」「B」という記号がなにを表しているのか、知らないとわからないですよね。 アルファベットは数値を表す単位です。 […]

【TradingView】出来高の単位「K」「M」「B」の読み方

普通に略さずに表示させる設定もあるので、馴染めない場合はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

こちらの記事でも書きましたが、TradingViewの出来高は初期設定では「587.8K」などと略されてます。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://marketview.j[…]

知っておくと便利なこと

困ったときは

有料版はどんな感じ?

無料プランで十分に使いこなせるようになると、機能的に物足りなくってくるかもしれません。

有料プランにすると、どんな機能が使えるのか、その一部をご紹介します。

有料プランにして良かったと思う機能

「有料版にしてよかった~」「もう、これないと無理だな~」と思う機能の一部をご紹介します。

お得な情報!

毎年、お得に有料プランに切り替えられる時期があります!

 
課金を検討される場合は、ぜひお読みくださいね。

関連記事

TradingViewをアップグレードするなら、毎年お得な時期があります。 それは「ブラックフライデーセール」「サイバーマンデーセール」の時期で、だいたい11月の下旬頃に開催されます。 もしTradingViewを有料プラン[…]

今、お得な時期じゃないけど、、ってときはお試しプランも検討してみてください。

関連記事

TradingViewは30日間の無料お試しプランがあります。 この記事ではお試しプランの登録方法をご紹介します。 3つの有料プランを一つずつお試しできる! なんとですね、TradingViewの3つの有料プラン[…]

 
最大で90日間、お試しできるので活用しましょう!