TradingViewの始め方

当サイトは多機能チャートツール「TradingView」の導入から使い方まで、わかりやすく解説するサイトです。

顔アイコン

無料でも十分使えますので、ぜひ導入しましょう!

こんな感じ ↓ で色々できちゃうチャートアプリです。

TradingViewのチャート

順番に記事を読み進めてもらうと、TradingViewの基本的な使い方がわかるようになっています。

スポンサーリンク

TradingViewとは?

そもそも「TradingViewって?」という人は下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

TradingViewの始め方

これから初めてTradingViewを使う方向けに順番に解説していきます。

無料会員登録をしよう!

まずは無料の会員登録をしましょう。

顔アイコン

もう会員登録してるよ!って人は読み飛ばしてくださいね。

ログインしてチャートを表示する

TradingViewにログインして、チャートを表示してみましょう!

まずやるべき設定

TradingViewを使い始める前にやっておいたほうがいい設定をご紹介します。

日本語化する

初期設定ではメニューなどが英語で表示されてる場合があります。

英語だと取っつきにくいと感じる人は、まず日本語表示に変更しましょう。

ティッカー(銘柄コード)ではなく銘柄名で表示する

ウォッチリストでは、アメリカ株のAppleはティッカーが「AAPL」で、TradingViewのPC版では「AAPL」が表示されます。

日本株だとトヨタが銘柄コードの「7203」で表示されます。

これだと見づらいと感じる場合は、銘柄名「Apple」「トヨタ自動車」の表示に変更できます。

チャートのデザインを変更する

チャート上のほとんどが自由にカスタマイズ可能です。

自分の見やすいようにカスタマイズしましょう!

顔アイコン

こちらは後回しでも大丈夫ですが、使い始めてから見づらいな~と思ったときに、カスタマイズできるってことは覚えておいてくださいね。

TradingViewの使い方

それでは、いよいよTradingViewのチャートの使っていきましょう。

見たいチャートに切り替えて表示させる

「ドル円見てたけど、S&P500のチャートが見たい!どこで切り替えるの?」って場合はこちら。

テクニカル指標を表示させる

TradingViewでは移動平均線やRSIなどのテクニカル指標を「インジケーター」と呼んでいます。

チャート上にインジケーターを追加して環境を整えましょう。

ウォッチリストの使い方

ウォッチリストとはつまり監視リストのことです。

これを使いこなせれば株価チェックが楽になります。

顔アイコン

ウォッチリストは会員登録(無料でOK)が必要です。

レイアウトの使い方

自分で描画したトレンドライン、水平線やコメントなどが、PCでもスマホでも同じものが見れるのがTradingViewの魅力の一つです。

設定しておいたインジケーターも保存しておけます。

そして有料プランでは、複数のチャートを分割表示にして保存しておけば、すぐに呼び出すことができます。

出来高の単位

TradingViewの出来高は「K」などと略されています。

読み方がわからない場合はこちらを。

普通に略さずに表示させる設定もあるので、馴染めない場合はこちらの記事を参考にしてください。

知っておくと便利なこと

困ったときは

有料版はどんな感じ?

無料プランで十分に使いこなせるようになると、機能的に物足りなくってくるかもしれません。

有料プランにすると、どんな機能が使えるのか、その一部をご紹介します。

有料プランにして良かったと思う機能

「有料版にしてよかった~」「もう、これないと無理だな~」と思う機能の一部をご紹介します。

お得な情報!

毎年、お得に有料プランに切り替えられる時期があります!

顔アイコン

課金を検討される場合は、ぜひお読みくださいね。

今、お得な時期じゃないけど、、ってときはお試しプランも検討してみてください。

顔アイコン

最大で90日間、お試しできるので活用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました